×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

公開開始 1999/11/17

カオスシードにはSFC版とSS版があります。
ここでは便宜上SFC版をメインにしてレビューを行い、SS版は補足説明にしておきたいと思います。

 

タイトル:カオスシード〜風水回廊記〜

ジャンル:ダンジョン育成シミュレーション

対応機種:スーパーファミコン

発売日:1996/3/15

開発元:ネバーランドカンパニー

発売元:タイトー

 

1.始めに

 『カオスシード』ってマニアックと思うかもしれません。実際ちょっとマニアックかもしれませんが、ハマッテしまうから恐ろしいです。ちょっとマイナーかもしれませんが、非常にできの良いゲームなので1度だまされたと思ってプレイしてください。

2.ストーリーについて

 街の人に誤解されながらもけなげにがんばる主人公、めちゃくちゃかわいいヒロイン、効果的な平行世界の概念、個性の強い侵入者、かわいい仙獣たちと思わず圧倒されてしまいます。こうゆうストーリーがいい味出しているなとスルメは思います。しかし、ストーリー分岐がとても複雑なので、自力で全て見ようとするととても大変だと思います。でも、全てのストーリーを見ないとダンジョンモードに進めないのですが。

3.楽しすぎる仙窟づくり

 『カオスシード』での目的は、基本的に竜脈を復活させることです。しかし、実際にプレイしてしまうと竜脈復活の手段である仙窟(ダンジョンのこと)を掘るのが楽しすぎ、思わず目的を忘れてしまうことがあります。いろいろ苦労して、作った仙窟が良いできだったら思わずうれしくなってしまい竜脈復活なんてどうでもいいや仙窟に住み着いてしまいます。

 風水のバランスを考えた仙窟作りは頭を使いますが、それだけに良いできの仙窟ができたときのうれしさは半端ではありません。一日中どうゆう仙窟を作ろうかなと考えることもよくあるので、ハマリ度高すぎです。どうも、スルメは仙窟作りがうまくないらしく、特殊強化メニューをたくさんつけようとすると仙窟がバカでかくなるので転送部屋がないとやっていけません。

4.アクション性も高い

 実は『カオスシード』はアクション性も高く、アクションゲームがあまりうまくないスルメにはかなり大変です。しかし、攻略法を考えるとレアアイテムなしでもなんとかクリアーできるので、まさに絶妙なバランスというしかありません。因果応報の古の龍、八面鏡の三人組の龍穴炉撃破、永遠洞(特に王 蒼幻は強すぎ)は高難度です。でも、ボス戦モードはお手上げです。こんなのどうやってクリアーするんだろう。

5.レアアイテム

 たまに手に入るレアアイテム、これらは強烈な効果をもっているので、入手できればクリアーかなり楽になります。でも、レアアイテムはなかなか手に入らないから使い捨てとはいかないので、ここ一番で使えないのが残念です。レアアイテム集めをしているとあっという間に異次元倉庫がレアアイテム以外の有用アイテムでいっぱいになります。もう少し異次元倉庫の容量が広いとアイテム集めが楽でいいのですが。

6.ダンジョンモード

 100%クリアーしたときに現れる仙窟です。岩盤がないので自由に仙窟をつくることができます。でも、龍穴炉がないので完全に自給自足しないといけないのでかなり難しいです。クリアー条件は40部屋目にあらわれる永遠洞をクリアーすることですが、これが非常に難しいです。一番楽な方法は、金霊符をたくさん持ちこんでイベントキャラクターとの戦闘になったら、キラーナイフやグラディウスといった強力なレアアイテムを装備して仙術を連射することらしいです。でも、スルメはレアアイテムを持ってなかったし、金霊符も1つしかなかったのでクリアーに2時間ぐらいかかり非常に大変でした。

 

SS版の補足説明

タイトル:仙窟活龍大戦カオスシード

ジャンル:ダンジョン育成シミュレーション

対応機種:セガサターン

発売日:1998/1/29

開発元:ネバーランドカンパニー

発売元:ネバーランドカンパニー、ESP

 

 

1.敷居がさがりました

 ヘルプ機能の充実、ゲームバランスが全体的に簡単になったこと、大攻撃が簡単に出せるようになったことなどによりSFC版に比べるとかなり敷居がさがっています。SFC版で挫折した人でも、SS版ならクリアーできる可能性大です。でも、ハイパーボス面は難しすぎるので別格です。

2.シナリオの変更・追加

 後発の作品であるために、シナリオがさらに洗練されています。しかも、新キャラクターが追加されているにもかかわらず、まったく浮いていないのはすごいというしかありません。しかし、あいかわらずシナリオ分岐は複雑なのですが。

3.謎窟

 全体的にゲームバランスが簡単になったSS版ですが、謎窟は高難度です。本当に難しいので、頭を使います。謎窟を全て自力で解いた人はすごいというしかありません。スルメは、攻略条件を勘違いしていたので、謎窟11がどうしても解けませんでした。

4.最後に

ちなみにサタコレでも出ています

タイトル:仙窟活龍大戦カオスシード(サタコレ)

ジャンル:ダンジョン育成シミュレーション

対応機種:セガサターン

発売日:1998/12/10

開発元:ネバーランドカンパニー

発売元:ネバーランドカンパニー、ESP

そう言えば、今日は設定資料集の発売日だ(笑)

 

レビューに戻る 春風邪のスルメ